結婚相談所や婚活サイトなどそれぞれに強みと向き不向きがあります。

婚活ガイドでは結婚相談所を利用する心得や活用術を紹介

MENU

婚活ガイドでは昔ながらの結婚相談所から昨今人気を集めている婚活サイト、街コンなどの特徴やそれぞれの利用心得をご紹介します。

 

日本地図のバナー

ここ最近の日本国内の事情は、少子高齢化が進み、初婚年齢が高くなり晩婚傾向にあり、生涯未婚率離婚率増加傾向にあります。

 

結婚するという事自体が昔に比べて難しくなっているデータもありますが、婚活産業は活発で2000年代以降は増加傾向にあると言われています。

 

この少子高齢化・晩婚・未婚問題が進むのと比例して婚活産業は活発になっているともいえ、最近では日本の抱えている問題として少子高齢化に伴う晩婚・未婚問題が国策として取り組まれるようになり、2013年には自民党内で「婚活・街コン推進議員連盟」が設立され、少子化危機突破基金」も創設されました。現在は年間30億円の予算が認められて国策として婚活を支援する動きもあります

 

 

婚活に積極的な人も増加傾向に

初婚年齢が遅くなり、生涯未婚率は高くなっていますが、独身男女の婚活意識が失われた訳ではなく、婚活に積極的な人も多くなっているのが現状です。

 

その背景には婚活という言葉の浸透と、多様化された事により婚活をするという行為が世間で当たり前になり決して恥ずかしい事ではなくなったのです。

 

昔の婚活と言えば、結婚相談所を利用してのお見合いと、婚活を目的としたパーティーの2種類が主流でした。当時は結婚相談所を利用するのも、婚活パーティーに参加するという行為は恥ずかしいと捉える人が多く、このような業者を介しての婚活を行う事に抵抗を持つ人も多かったのが特徴です。

 

 

多様化される婚活

そんな婚活も最近では多様化されて、お見合いと婚活パーティー以外にもネット婚活と街コンが普及して、最近ではネット婚活街コンのシェアは婚活全体の中でも高いシェアをとっています。

 

更に婚活パーティーも以前のようなお茶やお酒の席だけではなく、料理教室やスポーツを通じてだったり、旅行を通じてなどさまざまなエンターテイメント性やレクリエーション性に富んだ内容の婚活パーティーも多くその種類は年々増加しています。

 

こうした婚活産業の変化で、婚活とは誰にも知らせず自分一人で密かに行う事から、友達などと一緒に参加したりSNSなどでイベントで楽しむ様子をアップしたり、とてもオープンなものへと変化をしました。

 

婚活を利用する男女の年代別婚活事情(20代30代40代

 

 

婚活にお金がかかるのは、一昔前の話

婚活にはお金がかかるというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、婚活にお金がかかるというのは一昔前の話です。もちろん、婚活は種類が増えましたので中にはお金がかかる内容の濃いサービスなどもありますが、特に何かに入会金を払って登録したり会員にならなくても街婚や婚活パーティーなどは気軽に利用ができますし、無料で利用できる婚活サイトなどもあります。

 

婚活は自分に合った内容のものを選ぶ必要がありますので、料金は安ければいいというものでも高ければいいというものでもありません。
簡単に現在ある一般的な婚活の種類と費用の目安となる相場帯を紹介いたします。

 

結婚相談所

昔からある婚活サービスです。お見合いの仲介や婚活パーティーなどを企画します。
結婚相談所の利用心得が必要で、入会している方は婚活層の中でもかなり意識の高い方々です。

 

最近ではインターネットの婚活サイトなどもありますが、ここでは昔ながらの結婚相談所について紹介します。それぞれに担当者が付きカウンセリングからお見合いのご提案や、希望に合う異性を個別にピックアップしてくれたりとフォローをしてくれるのが特徴です。

 

相談している女性のバナー

相場は入会金で10万円前後。月額費で1万円~2万円前後で、大手などは1万5千円ほどの月額費に設定している所が多いようです。

 

こういった結婚相談所もWEBサービスを行っていて、入会時の面談以外は電話やメール・WEBの画面上でのやり取りが中心となる事も多く、簡易お見合いの会場を結婚相談所の事務所で行う事もあります。

 

 

婚活サイト

最近勢いを増している業界で大手は利用者数も多く新規参入のサイトも多いのが特徴です。
スマートフォンの普及で一気に勢いを増してアプリサービスやフェイスブックなどのSNSとの連携サービスなど利便性も高く信頼性も高いのが特徴です。

 

少し前には出会い系サイトが流行し、その時は悪質サイトが乱発しましたが、その経験が活かされ最近の婚活サイトはセキュリティサクラの根絶に力を入れていて優良なサイトが多いのが特徴です。
WEB上でマッチングを行い双方合意があれば、連絡先の交換などを行い直接のやり取りをします。
婚活サイトの利用心得はただの遊び恋愛ではなく、結婚を前提とした真面目な恋愛を考えなければなりません。

パソコンを見る女性のバナー

 

サイトによって、20代が多かったり30代が多かったり登録者の年齢層で各サイト特徴が出ているケースが多いです。
料金は入会金などの初期費用は無料としている所が多く、更に初月無料などの特典も付けて敷居を低くしているサイトが多いです。

 

入会金を取っているサイトも5千円~1万円前後で月額利用料も女性無料や完全無料をうたっているサイトが多いですが充実したサービスを利用するには、月額費3千円ほどが必要になる料金やオプションの設定をしている所が多いです。

 

現在婚活サイトの需要は非常に高く、たくさんのサイトが存在しています。一つずつ見て選ぶのは大変かと思うので、ネット婚活を一覧比較サイトなどを有効活用し、自分にあったサイトをいち早く見つけましょう!

 

 

街コン

飲み会のバナー

最近では街コンという言葉もすっかり社会に浸透しました。
自治体などが主催しているケースも多く街婚が出始めた当初は男女各100人以上の大きな規模の街婚が全国各地で行われていました。

 

街コン専門の運営会社なども増えて、男女各20人~50人規模で行われる街コンが多いようです。
街コンはその地域で歩いて移動できる狭い範囲で居酒屋やカフェを数店舗貸切、街コン参加者はそのお店を移動して多くの方と話ができるなど一日で多くの出会いを得られるのが特徴です。

 

料金の相場は男性7,500円前後。女性5,500円前後が相場となっています。

 

 

婚活パーティー

昔から結婚相談所が運営するなど歴史のある婚活サービスです。
以前は運営会社に会員登録をする必要があったり、費用が高かったり敷居の高いサービスというイメージもありましたが、最近では、誰でも気軽に友達同士などでも参加できる敷居の低い婚活パーティーが増えてきて、内容もより男女の距離が近づけるように共通の趣味に的を絞った内容の活動型婚活パーティーなどさまざまな婚活パーティーがあります

 

・相手の身元が分からない人が来ると不安という方は「本人確認書類」の提出を義務付けている婚活パーティー
・料金は高いですが、より内容の濃く敷居が高い昔ながらの婚活パーティー

 

など、種類が多くなった事で自分に合った婚活パーティーを探す事が可能です。

 

お金のバナー

料金も婚活パーティーはさまざまで立食パーティーであれば6千円~8千円程度が相場ですが、当然もっと値段の高いパーティーもあります。
中には、食事も料理もレクレーションもなしで、会議室のような所で、全員と数分間ずつ話といった内容で、格安料金で参加できる婚活パーティーなどもあります。