20代の婚活事情は男性よりも女性の方が積極におこなっていて、それぞれ容姿も重要になってきます。

女性の方が積極的な20代の婚活事情

MENU

20代の婚活事情

 

男性の場合

男性については、晩婚化も進み男性の初婚の平均年齢は30歳を超えています
20代前半などの男性では結婚願望をあまり持っていない人も多いというのが現状です。

 

20代男性が行う婚活手段は婚活サイトの利用と街コンの参加に偏りが強く、中には結婚願望はないが彼女がほしいや単純に女の子と遊びたいといった軽い気持ちで婚活をしている人もいます。
20代男性だと当然同年代の20代女性と意気投合しやすい特徴があります。

イケメン男性のバナー

 

結果的に容姿が良い人ほど婚活も有利になる傾向もあり、職業や学歴・年収などのスペックが悪くても人気が出る傾向もあり、逆に真面目な高学歴の人などは苦戦をするケースも多いです。

 

20代後半で30歳が近づく年齢になってくると、真剣に婚活を行っている人の比率も多く、男性は20代後半から30代前半にかけて周囲で結婚ブームも起きますので、周りに影響をされて急にやる気を出す人も多いです。

 

 

女性の場合

女性の場合は20代でも結婚願望を持っている人が多く、特に女性の場合は出産適齢期にもなりますので、20代のうちに結婚して子供が欲しいと思う人が多いです。

 

20代女性の婚活の活動の場は幅広いのが特徴で、婚活サイトや街婚・結婚パーティーなど女性は料金が優遇されるサービスも多いので幅広い場所で活動している方が多いです。

 

20代女性は婚活の中でも最も男性から人気が高い年代です。30代・40代男性の人も20代女性を第一希望に挙げている人も多く、比較的多くの男性からアプローチされやすいのも特徴です。

 

悩む女性のバナー

20代女性の婚活で多い失敗例が、相手を選びすぎてしまう傾向が強く、特に容姿が良いと婚活を行う上で多くの方からアプローチをされます。

 

結果、自分の希望に合った良さそうな男性からアプローチをされても、その人1人には絞りきれず、こんなに簡単に男性からアプローチされるのであればもっと良い人が見つかるのではないか?と理想が高くなってしまいます。
多くの男性のアプローチから「気になるリストに入るような男性」も婚活の中では人気がありますので、キープのような扱いを取るとすぐに他に取られてしまいます。

 

結果的に良い人が現れても発展せず、逆に過去に良い人からアプローチされた事が印象強く残ってしまいさらに理想が高くなって、年齢を重ねてしまい徐々に男性からのアプローチ数も減ってしまうというケースも多いです。

 

20代女性の婚活は自分に合った婚活の場をしっかりと考えて選別をして、仮に多くの男性からのアプローチがあった場合はそれぞれ、しっかり向き合って、気になる人がいたらその人に絞るなど、中途半端にキープして雑な対応などをしないようにする必要があります。