会話を苦手と意識せず、なによりも自分が会話を楽しむ事が大事です。

会話ベタな人へのアドバイス

MENU

会話が苦手な人へ

 

婚活に参加する理由は皆出会いを求めているからです。

 

しかし、その輪の中に入っても誰とも上手に会話が出来ないままだと、相手に好印象を与える事はできません。せっかく婚活パーティに参加するのであればなにかしら「報酬」を得たいものです。

 

そこでここでは会話が苦手な人が上手に会話ができるようにするコツをご紹介します。

 

婚活において大切なこととは何?

 

 

相手の話を聞くようにする

 

会話が苦手な人が思うことは「何を話せばよいのかわからない」ことです。そのためどうしたらいいのかわからず、きょろきょろしてしまったり、表情がうわの空になりがちです。

 

しかし、本当の話し上手というのは「話をすること」ではなく、「話を聞くことにあります。

 

人と言うのは皆「自分の話を聞いてもらう」ことが好きなものです。相手が自分の話をきちんと聞いているとわかると、「この人と話をするのは楽しい」と思うものなのです。

 

ですから、まずは相手の話をきちんと聞くことから始めましょう

 

相手の話にあわせて上手に相槌をすることや、その話にあった質問などを織り込むようにすることを意識するとよいでしょう。

 

こうすると自分から話題を作る必要もありませんから、話題を考えなければいけない、と焦る事もありません。慣れてくると、相手の話題を盛り込んでより話を盛り上げられるようになります。

 

 

とにかく会話を楽しむ事

 

会話を楽しむ男女

 

どこかで「苦手だ」と意識していると、上手に会話をすることができません。
なによりも大事なのは「自分が楽しむ事です。

 

あわてたり焦ったりせずにまずは目の前の相手と会話をしている事自体を楽しみましょう。
すると自然に会話も弾み、いい雰囲気になるものです。

 

できないことは無理にやる必要は無いのです。話題が無いのであればまずは相手のことを聞き出せばいいですし、会話が途切れることを恐れる必要もありません。

 

自然体でその場を楽しむようにする事が大事です。